ブラックでも入会できると言われるクレジットカードの真相

個人でも会社でも、信用のない人にお金を貸そうと思う人はいません。過去に金融事故を起こしてしまった人は、その情報が信用情報に記録されますので、審査でチェックされたときに信用できない人物だと判断されることになります。しかし、世の中にはブラックでも入会できるクレジットカードは存在しています。

まずブラックとはどのような状態なのでしょうか。一般的にブラックリストと呼ばれるようなリストは存在していません。クレジットカード、カードローンなどのローン商品、携帯本体やテレビショッピングなどで分割支払いを利用すると、必ず審査が行われます。審査でチェックされるのが、信用情報です。信用情報にはこうしたリボで購入した情報やローン商品など、信用取引の契約に関する記録、利用や支払いでの実績、解約情報が記録されています。ブラックになるとは、この信用情報に審査で著しく不利になる情報が掲載された状態のことを指します。

ブラックと一言にいっても様々な種類があります。払い忘れによる短期的な延滞はブラックとは呼びません。すぐに返済すれば大きな問題になることはほとんどないでしょうし、金融機関も多少の払い忘れはあるものだと認識しているからです。しかし長期間の延滞になると信用に大きな傷をつくることになります。例えばクレジットカードやカードローンの場合、3か月滞納すればほとんどのケースで利用停止になります。その間に何度も催促の電話や手紙が来ることになりますが、それでも支払いをしなければ強制解約になったり、裁判になることもあります。長期的に延滞をする人は支払う意思がなかったり、支払い能力がなく、会社にとって不利益な存在となります。長期延滞以上の金融事故を起こした状態が「ブラック入り」と言えるでしょう。また、そのような状態に陥る前に債務整理をしたときもブラック入りになります。債務整理には当事者同士で話し合いをする任意整理、裁判所が間に入る特別調停、個人再生、自己破産など、いくつかの手続きがあります。その中でも自己破産になると金融機関にとっては大きな損失となってしまいます。過去に大きな事故を起こした人は再び起こす可能性がありますので、大きなリスクまで犯して取引をしてくれることはほとんどないのです。また、ブラックになっていなくても、現在滞納中の支払いがある場合は契約はかなり難しくなります。滞納しているかどうかは信用情報を見ればすぐに確認できるからです。現在滞納中の人でさらに契約をしようとする人は、新しくカードを契約してなんとか凌ごうと思われ、破産予備軍の危険があるのです。

こうした情報が集まる信用情報とはどのような何なのでしょうか。日本には3つの信用情報機関があります。消費者金融などが加盟しているJICC、クレジットカードなどの信販会社が加盟しているCIC、銀行が加盟している全国銀行個人信用情報センターです。信用取引を行えば、いずれかの信用情報機関にその記録が残ることになります。信用情報機関によって、データが保存される機関が違っていますが、一番長いのが全国銀行個人信用情報センターです。最長で10年間保存されています。JICCやCICでは5年でデータが消えることになります。毎月の利用履歴は信用情報に記録できるマスが24つしかないため、利用が続いていれば2年でデータが古くなって消えるでしょう。注意しなくてはならないのが携帯電話端末の支払いです。通常24回払いとなりますので、1回でも滞納すると5年経つか、また新しく機種変をしてデータの書き換えを行わない限り、ずっと延滞情報が残ることになります。機種変をするときにもそうした信用情報に関する注意を聞かされることになります。一度ブラックになると最長10年間は「ブラック」の状態となるのです。また最近では複数の信用情報機関に加盟している金融機関もあり、情報の横の共有化も進んでいます。

しかし世の中には、ブラックでも現在の支払い能力に問題がなければ入会できるクレジットカードやカードローンが存在しています。もちろん審査を行っていないわけではなく、しっかりと信用情報を確認した上でカードの発行を行っています。ブラックでも入会できるカードは総じて金利が高くなっていたり、デメリットが大きくなるものもあります。しかし何年も待つことができない人にとっては助け舟となることでしょう。

ブラックでも入会できるクレジットカードとしては、アコムが発行しているACマスターカードが有名です。アコムは日本でも有数の消費者金融です。現在は三菱東京UFJ銀行の傘下に入り、イメージもだいぶ改善されてきました。本業はカードローンの発行です。しかしクレジットカードも発行しています。ACマスターカードに搭載されている国際ブランドはマスターカードです。マスターカードと言えば世界でもVISAと肩を並べる巨大国際ブランドです。しかし、実は日本でマスターカードを発行できる会社はあまり多くありません。消費者金融でマスターカードの発行をしているのはアコムだけです。

ACマスターカードとはどのようなカードなのでしょうか。実は他社のカードと少し違っている特徴があります。まず、ショッピングで利用した金額がすべてリボ払い扱いになります。カード払いにするときに支払い方法を聞かれることもありますが、一括にした場合も自動的にリボ払いになります。ただし、毎月の支払金額を設定することは可能ですので、支払額をカードの限度額に設定することで、一括払いと同じように利用することができます。手数料をできるだけ抑えたい人はこの方法を利用すると良いでしょう。

他社のカードの場合、支払い方法は一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス一括払いなどから選択することができます。一括払いは文字通り、利用した金額を翌支払い月にまとめて返済する方法です。分割払いは購入した商品を、何回かにわけて返済していきます。ボーナス一括払いはボーナスの入る月にまとめて返済します。一括払い、ボーナス一括払い、2回までの分割払いでは手数料は発生しません。3回以上の分割払いとリボ払いを利用したときだけ、金利に応じた手数料が発生します。分割払いは商品ごとに支払う回数を設定できますが、リボ払いは利用金額全体に対して支払金額が決定されます。リボ払いの毎月支払う金額はカードが設定している最低ライン以上であれば、自由に設定をすることができます。最低ラインも利用残高によって変わる、残高スライド式となっているカードもたくさんあります。

ACマスターカードはショッピング枠だけのものとキャッシング枠がついているものがあります。キャッシング枠がついていると審査が別に行われることになりますので、審査通過率は低くなるでしょう。また、延滞状態のまま申し込みをすれば確実に落ちることになりますので、必ず延滞は解消してから申し込みをしなくてはなりません。これは契約しやすいと言われている他のカードでも同様です。他社で払うことができない人に対して新しい契約をすることは、金融機関にとってはお金をドブに捨てるようなものなのです。きちんと支払うことができると証明しなくてはなりません。キャッシング枠を付ける場合は収入の3分の1までとなります。これはアコムが消費者金融であり、総量規制の対象だからです。総量規制では年収の3分の1以上の貸し出しが禁止されています。50万円以上のキャッシング枠を希望する場合や、他社の借入残高とACマスターカードのキャッシング枠の合計が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要になります。スムーズに手続きをするためには、あらかじめ用意しておくと良いでしょう。

一方、ショッピング枠に関してはこうした法律による規制はありません。支払い能力さえ認められれば年収に関係なく高額な限度額を設定してもらうこともできます。カードとしての最高上限は300万円までとなっています。初めて契約した場合はあまり高額な限度額が設定されることはありませんし、過去に事故を起こしていればなおさら限度額は低くなります。しかし毎月利用してしっかりと利用実績を作っていくことで、次第に枠を増やしてもらうこともできます。信用を作るためには延滞をせずに利用をすることが大切です。過去に事故を起こしてしまった人であれば、信用の作る難しさと、壊す簡単さは知っているはずです。同じ過ちを犯さないためにも、自分の支払い能力を超える利用はしないようにしましょう。

ACマスターカードはブラックでも入会できる可能性がありますが、落ちることもあります。それは、過去にアコムで金融事故を起こしていた人です。アコムは他社のカードローンや銀行のローン商品でも、保証業務を行っています。直接取引がないと思っていても、実は保証会社として契約関係にあることも珍しくはありません。もし事故を起こしていた場合、信用情報の記録とは別に社内でデータが残っています。信用情報は時間が経てばデータが消滅しますが、社内に残っているデータはそのままいつまでも存在し続けています。一度ブラックになった場合、過去に問題を起こした会社とは再び契約できないものだと思っておきましょう。ただし事故の内容が長期延滞までで、その後支払いをすべて澄ましているのであれば契約は可能なこともあります。債務整理をする場合は、どの会社のカードかというだけでなく、保証会社がどこになっているかまでチェックしておく必要があります。

ACマスターカードにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。まずは契約できる可能性が非常に高く、過去に金融事故を起こしていても、その事故を起こした会社に含まれておらず、かつ現在の支払い能力があればブラックでも入会できる点です。そして契約までのスピードの速さも人気のある1つの理由です。自動契約機を利用することで、最短即日でカードの発行が可能です。急いで利用をしたいと思っている人にも選ばれるカードです。

デメリットとしては、リボ払い専用となってしまうことです。最初の支払い日に全額返済すれば手数料はかかりませんが、うっかり設定を変え忘れていた場合は翌月から金利に応じた手数料が発生することになります。また、他社のように利用した分だけポイントがたまる制度もありません。単純にカードでネットショッピングをしたり、キャッシュレスで買い物をしたい人向けです。また、同じような機能を利用したいのであれば銀行の発行しているデビットカードのほうが優秀と言えます。デビットカードではポイントが貯まったり、利用金額に応じてキャッシュバックが発生するところもあります。

このように一度金融事故を起こしてしまうと、カードを持つことが非常に困難になったり、契約できる会社が限られてしまうことになります。信用は作るのは難しくても、壊れるときは簡単です。今現在ブラックになりそうでもまだなっていない人は、1日にも早く問題を解決するために支払いを済ませたり、カード会社からかかってくる電話は無視せずに出ましょう。こちらから折り返し電話をするのも良いです。カード会社が一番困るのが、連絡が取れなくなってしまうことです。営業時間の問題から日中は電話に出られない人もいるかもしれません。しかし昼休憩など少しでも時間のあるときに、連絡をしたという事実だけでも作っておくことは大切ですし、もし支払いができなくて強制解約になったり裁判になった場合でも、まったく連絡をしなかったケースと比べると寛容に判断してもらえる可能性があります。

すでに事故を起こしてしまった人は、カードを持つこと自体は悪いことではありませんが、同じような過ちを二度と繰り返さないように注意しながら利用しましょう。支払い能力を超えた利用をしてしまったり、お金を借りたり過度なショッピングが日常的なものとなってしまうと、次のカードを作らないとしのげないような状態になることもあります。カードは便利なアイテムです。しかしそのツケは将来の自分が払うことになる、使い方を間違えると危険なものでもあります。信用力が低下しているだけで、将来の生活が変わってしまうこともあります。世の中には信用力で判断されるシーンがいくつもあるからです。