今はブラックでも将来クレジットカードを持てる?

事故情報が個人信用情報に記載され、ブラックとなった場合は、クレジットカードの新規申し込みや、既存のカードの利用はできなくなることが多いです。しかし、現在ブラックでも、将来的にクレジットカードを持てる可能性はあります。持つのが難しい間は取得を我慢して、それまで乗り切るように頑張りましょう。

基本的にブラックで保有できない状態の場合は、借入や分割、カード決済の返済が難しくなって債務整理をしたか、3ヶ月以上返済を滞納した延滞の状態である、もしくは、保証会社等に弁済をしてもらって、そちらに債権が移動した状態であることが想定され、著しく契約者の信用が低下している状態を示しています。それまで使用していたクレジットカードも利用停止処分を受けていたり、強制的に解約されていることが多いでしょう。新規の申し込みは難しく、以降の利用も断られ、更新を拒否されていることもあります。ごくまれに、カードの途上与信のタイミングが信用が低下する前だった場合は、そのまま使えたり、更新されていたりすることもありますが、いずれは途中の審査で利用ができなくなると肝に銘じるようにしてください。

3ヶ月以上延滞をしていると、相手先の金融機関から督促状や電話での連絡があるでしょう。保証会社や回収会社に債権が移動した場合も同様です。自宅や勤務先へも電話をされることもあり、同僚や家族に知られてしまうことも覚悟した方がいいです。延滞の情報が他のカード会社や金融機関に伝わると、手持ちのカードは利用を止められて、使えなくなる可能性は非常に大きいです。新規で申し込みをし、返済に充てようと考えても、延滞の事実を知られるとすぐに拒否されます。支払えないからと言って、そのまま無視し続けると利息や遅延損害金を含んだ金額を一括返済するように迫られる場合もありますし、最終的には、裁判に訴えられ、強制執行を受けて給与を差し押さえられることも考えられ、会社にも知られて退社せざるをえなくなります。また、延滞の記録は、解決するまで延々と記載され続けます。引っ越しをして踏み倒せたとしても、一生記載され続けることも多いので、ずっとブラックの状態になります。一生カードの取得やローンの申し込みができなくなり、家や車の購入が難しくなりますし、高額なスマートフォンの分割審査も通らなくなるでしょう。不便なブラック状態を一生続けるよりも、早めに債務整理等をして解決した方が、借金の解決もできますし、後々長引くこともなく、信用を回復するのも早くなります。

インターネットのクレジットカードの情報サイトでは、ブラックでもカードの取得に成功したとういう書き込みを投稿している方もいますが、ほとんどのケースでは難しいと考えた方が良さそうです。ブラックでも持てた方の中には、順調に返済をして、債務の返済までの終了期間が迫っていたり、申し込んだ時の収入や勤務先などの属性が良いことが考慮されたことなどが見受けられます。また、カード会社のキャンペーン中に申し込みをして発行にこぎつけた方や、法人向けのコーポレートカードに申し込みをして、企業の後ろ盾で審査に通った方などもいますが、ごく少数です。ブラックでもカードを持てた方に共通するのは、利用限度額の低さです。たいていの場合、温情発行と言われる5万円~10万円程度になり、返済方法は、一括払いのみしか認められません。月々に利用できるのは非常に低く、限度額ぎりぎりまで使うと、即利用停止処分にする厳しい姿勢を見せるカード会社もあります。非常に使い勝手が悪く、神経を使うので、利用が難しいと思われます。

料金の支払いや、ネットショッピングの決済でカードがないと不便に感じるあまり、持ちたいと焦る気持ちは分かります。しかし、信用度が低く、審査落ちする可能性が高いのにも関わらず申し込みを繰り返すのは、非常に危険です。個人信用情報には、契約前の申し込みをした情報も最低で半年間は載せられます。ほとんどのカード会社では、債務整理や延滞の情報を見て、ショッピングやキャッシングの立替払いをするのはリスクがあると判断し、通すのを見送ります。申し込んだ情報だけ記載されていて、契約をした情報が記載されていないと、審査落ちしたことがすぐに判明してしまうでしょう。次に申し込みをしたカード会社でも、直近に申し込みをした情報を見てしまうので、審査落ちしたことがばれてしまいます。債務整理をして一定期間が経たない状態や延滞中でカードを申し込みをしていると、よほどお金に困っていると思われてしまいますし、申し込んだ会社には一定期間社内情報として、審査落ちしたことが残される場合があり、ブラック状態を抜け出した後に申し込みをするのに不利になることも考えられます。ブラックの時には、申し込みは控えるようにしてください。

ブラックの状態を脱するには、最低でも解決をした日から5年間はかかると考えてください。具体的には、債務整理をして和解したり、裁判所で決定や認可が下りたりした日付から数えます。債務整理をした時に任意整理や特定調停、個人再生を選択した場合は、月々和解案や再生計画に沿った金額で返済をしていくことになりますが、1回でも返済を遅延した場合には、記載する期間が長くなる場合があります。金融機関によっては、遅延した場合は、全て返済し終わってから5年経たないと記載を外さない所もありますので、注意してください。もちろん、期日を守って返済した方であれば、5年で掲載が終了します。個人再生や自己破産で債務整理をした方の場合、銀行で金融トラブルを起こした時には、銀行が属する信用情報機関の記載は7年~10年となりますので、少し長くなります。早く取得したければ、銀行発行のカードは避けるようにしてください。

金融トラブルが掲載されている間は、クレジットカードの取得は諦めなくてはいけないのでしょうか。1つだけ持てる方法があります。それは、同居している家族に頼む方法です。家族の取得しているカードに家族カードを付帯発行できるのであれば、無審査で持てます。あくまでも親会員である家族の信用情報から判断されますので、ブラックの方の名義の家族カードを発行しても情報を閲覧されることはありません。その代わり、利用限度額は親会員である家族と共有になりますので、限度額を分け合う形になります。使い過ぎて限度額を圧迫し、親会員の家族が利用したい時にできなかったり、返済は親会員名義の口座から引き落としになるため、支払いが大変になったりする事態を引き起こさないように気をつけて使う必要があります。

また、無審査で入会できることから、家族カードにはキャッシング枠は付けられていません。あくまでもショッピング利用のみとなります。カード会社によって違いがありますが、家族カードが発行できるのは、2親等以内の親族と決められているところが多いでしょう。付帯カードを発行するには、発行費用や料金が加算されることもありますし、親会員の配偶者や子供、親に限定されることがあり、兄弟や孫では難しいと思われますので、事前にカード会社に確認が必要です。

家族カードの発行が難しいのであれば、口座と紐付けされた国際ブランド付きの即時決済機能のあるデビットカードや、国際ブランドと提携した前払式のカードが便利です。デビットカードは、最寄りの銀行で扱っていなければ、ネット銀行で提供されていることがありますので、利用するといいでしょう。口座引き落とし時に決済に足りない額を自動で立て替える機能が付いている場合は、審査がありますので、避けるようにしましょう。また、口座開設時は無審査でも、決済不能時に限り、信用情報機関に情報を掲載する銀行もありますので、口座に充分な残高を用意するようにしてください。スマートフォンや携帯電話に預金口座のアプリや口座と連動している家計簿アプリを導入しておくと、その場で残高を確認できますので、決済不能の心配がありません。前払式のカードは、銀行でも用意されていることがありますし、携帯電話やコンビニでも発行されていることがあります。未成年でも持てることから、無審査で発行されることがほとんどです。事前にコンビニや銀行から現金をチャージして、その範囲内で利用できます。海外旅行専用の物もありますし、インターネットでの決済で使えるバーチャルカードも用意されています。

デビットカードも前払式のカードも、券面に付いている国際ブランドの加盟店であれば、クレジットカードと同様に一括払いで決済ができます。ただ、加盟店であっても、カードをシステムに通した後に料金が判明する店舗やサービス企業では使えない場合があります。例えば、ガソリンスタンドでの利用や月々の料金の支払いが難しい場合がありますので、対応しているか確認してから決済に利用してください。

規定の日から起算して5年経った場合には、信用情報を開示してトラブルの内容が消去されているか確認しましょう。金融機関によっては、締め日の関係もあり、掲載の日数が後になったり、1、2ヶ月ずれることがありますので、少し待ってからの方がいいでしょう。情報の開示は、直接窓口に行っても申し込みができますが、遠方の場合は、所定の料金を支払って郵送申し込みもできます。郵便局で定額小為替証書を購入し、申込用紙と同封して送付します。開示の申込書は、サイトからダウンロードできます。開示をして、トラブルの情報が記載されていたら、相手先の金融機関に連絡をして消去するように依頼をしましょう。カードの券面に記載されている窓口で構いませんが、既にカードを破棄している場合は、カード会社のサイトを見て、オペレーターにつながる電話窓口に連絡を入れるようにしましょう。カード会社では、念のため、日付が記載されている証明書のコピーを提出するように依頼されます。郵送かファクスの送信で送るようにと指示がありますので、和解をした日付や裁判所から裁可が下りた日付が分かる書類を送るようにしましょう。郵送の場合は、原本を送らないように気をつけてください。1、2ヶ月経ってから情報が消されているか再度情報開示をして確認するようにしましょう。

ブラック状態が解消されれば、カードの申し込みができます。信用情報は、今までクレジットカードの作成や分割購入の申し込み、借入契約をしたことのない人と同様に何もない状態になっています。まだ20代くらいであれば特に問題はありませんが、30歳以上で全ての履歴がない場合は、債務整理をしたことを感づかれることが多いです。用心をする意味で、カードの申し込みをせずに、まず良好な分割払いの経歴を作るようにするといいでしょう。

最も申し込みやすいのが、携帯電話やスマートフォンの分割購入です。審査で閲覧をした際に、トラブルの情報や通話料金の未納分がない限りは、申し込みを可能とする場合があります。機種の分割代金の支払いを債務整理で迷惑をかけたのであれば、前とは別の携帯電話会社で契約するようにしましょう。およそ1年~3年の間で支払うことになると想定されますが、その間は絶対に遅延をしないように気をつけてください。カードの決済履歴のように、継続して支払うのであれば、2年経てば自動で履歴が消去されますが、期限がある分割購入の場合は、支払いの記録が5年は残ることになります。遅延や滞納の記録が長期間残ると、カードの取得が難しくなりますので、しっかりと期日を守って払うようにしましょう。

良好な履歴が半年から1年ほど作れたのであれば、クレジットカードの取得を考えてください。カードの比較サイトの書き込みによると、取得するのであれば、よく利用している店舗から発行されている流通系カードや、車の利用が多いのであればガソリンカード、ネットの利用が多いのであればネット系カードを選ぶと取得がしやすかったと書かれていますのでおすすめです。使っている携帯キャリア会社から発行されているカードに申し込みをして、無事に取得できたというブログ記事も記載されています。キャンペーンを開催している時期は、比較的加入しやすいことがあり、よく利用しているサービスのカードを選ぶと、顧客囲い込みの目的があるカードのため、審査に有利になることも考えられます。