現在ブラックでもクレジットカードが欲しい!持つためにはどうしたらいいか

借金の返済で生活が苦しくなった方、支払いが滞ってこれ以上返済に充てられるお金がないという方のために、任意整理や特定調停、個人再生や自己破産等による債務整理という法的な救済措置があります。借金やクレジットカード、分割購入の返済を軽減させたり、帳消しにしたりでき、返済の圧迫がなくなることで、生活の再スタートがしやすくなるというメリットがあるのは確かです。それと同時に、社会的な信用が非常に低くなるため、一定の期間は、金融関係の商品の申し込みや利用が非常に難しくなります。

クレジットカードやショッピングローン等の分割購入、借入を申し込むと審査があります。具体的には、申し込みした書類の情報を確認したり、個人信用情報の閲覧をして今までの金融商品の契約やクレヒスと呼ばれる利用歴を見て、カードの発行に値する人物かどうか、今までの支払いに問題がなかったか判断します。返済能力があるか判断するために、勤務先に電話をして在籍確認をすることもあります。個人信用情報には、期日通りに支払ったか、何らかの事情があって遅延したのかということも分かります。

俗に言うブラックの状態とは、ブラックリストを略しています。実際には、ブラックリストは存在しませんが、個人信用情報に、債務整理をしたことや、3ヶ月以上の延滞があったことが記載されている状態で、これらの情報を審査の時に見られると、信用度が低いと判断され即審査落ちをすることからこのように言われています。この情報が記載されている間は、クレジットカードが新規で作成できないことに加え、返済トラブルを起こしていない既存のカードがあったとしても、利用中の審査や更新審査で、利用を拒否されることが多くなります。強制的に解約される場合もあり、手元に使えるカードが残らない場合がほとんどになります。ローンや分割購入についても同様で、家電量販店や通販の物販ローンも組めなくなりますし、自動車や住宅などの大きな買い物をしたくても、ローンの申し込みができずに、大幅な変更を余儀なくされることもあります。身近な所では、スマートフォンを分割で購入しようとしても電話会社に断られ、一括での購入しかできなくなります。

クレジットカードがないと、ネットショッピングも難しいことがありますし、月々の料金の支払いでカード決済しか対応していない会社もありますので、非常に厳しくなることが想定されます。ブラックでもカードが欲しいと考え、カード会社に闇雲に申し込みを繰り返す方もいますが、かえって傷口を広げるだけになります。申し込みブラックという状態になり、半年から1年程度記載されることになります。審査に否決された情報だけが記載され、次に申し込みをした所にも、あまり良い影響を与えません。ブラックでもカードを作りたいという気持ちは理解できますが、悪い情報が消えるまで待つという方法しかありません。

ブラックの状態は、永年続くわけではありません。債務整理で迷惑をかけた金融機関や、期間中に強制解約された所には社内情報が長期間残る場合がありますが、個人信用情報からは期間が過ぎると事故情報が抹消されます。3ヶ月以上滞納した場合の延滞の情報は、法的に解決したり、未納分を全額支払ったりした時から5年間は載せられます。ただ、踏み倒しをして、そのままにしている場合は延々と載せられ続けます。きちんと解決しないと、一生記載されますので、ブラックのままです。金融関係の審査に通るのは非常に難しい状態になります。

ブラックの間は、カードが必要な場合はどのように乗り切れば良いのか困ってしまうことがあるでしょう。代替のカードを作ることがおすすめです。家族には影響がありませんので、家族が加入している発行会社が家族カードを扱っているか確認して、作成するといいでしょう。契約者である家族の信用度で決められるため、加入する家族はブラック状態でもほぼ無条件で加入が可能となります。年会費は家族カードを追加発行するとかかることもあります。その代わり、限度額は契約者のカードの範囲内となりますし、キャッシング枠が付かないこともあります。支払いは、契約者の口座からまとめて引き落としとなりますので、使い過ぎて迷惑をかけないように注意してください。家族カードで使い過ぎると、契約者の限度額を圧迫してしまうため、家族が利用したい時に使えなくなることがあります。また、家族カードが作成可能なのは、契約者の配偶者や親、高校生以上の子供と規定があることが多いので、当てはまらない場合は難しいでしょう。

家族カードの作成が難しい場合は、預金口座と紐付いているデビットカードの作成をするといいでしょう。無審査で作成できますので、ブラックでも持つことができます。デビットカードは、預金口座の残高が限度額になります。クレジットカードの国際ブランドの決済システムを使い、カードの決済端末から暗証番号を入れるだけで、ATMを使わなくても口座から即時決済できるようになっています。審査をしないので信用度が低く、分割やリボ払いが使えず、一回払いのみとなります。事前に充分な金額を口座に準備する必要がありますので、気をつけましょう。店舗やインターネット等で使う際には、券面に描かれた国際ブランドに加盟している所でないと決済できないので注意してください。ネット銀行などを利用して、異なるブランドのデビットカードを用意すると、使える範囲が広がります。

デビットカードは、普通口座であれば無審査で作成できる所がほとんどです。残高が不足した場合に立替払いができる当座貸越機能が付いている総合口座の場合は、審査が行われます。ブラックの場合は、デビットカードの利用を断られ、通常のキャッシュカードが発行されますので、当座貸越機能が付いていない預金口座のカードを選ぶようにしてください。普通口座のデビットカードでも、決済不能があった場合には、個人信用情報に記載されてしまうことがあります。くれぐれも、スマートフォンに預金口座の残高が確認できるアプリなどを入れて、使う前に確認できるようにしてください。

一部の加盟店ではデビットカードの利用は制限されていることがあります。先に金額が分かる支払いであれば、ほとんどの所で利用ができます。しかし、ガソリンスタンドでは、カードを決済端末に通してから、給油量から割り出して請求額が判明することから、デビットカードの即時決済が使えない所が多いです。同様に、月々の公共料金や携帯電話などのサービス料金の支払いも前もって金額が分からないことから、利用が難しいでしょう。

ブラックの状態の時に、どちらが良いか迷う場合は、家族カードとデビットカードには一長一短がありますので、使い道を考えて選ぶようにしてください。できれば、自分のお金の範囲でやりくりをし、無駄遣いをしない生活を身につけるため、現金の管理ができるデビットカードを使うようにするといいでしょう。慣れてきて、無駄遣いをしない自信が付いたら、家族カードの申し込みを検討することをおすすめします。ブラック状態が解消された時に、新たにカードを保有した時にも、カードなしで生活したことが役立つでしょう。

任意整理をした場合は、弁護士を間に立てて交渉し、裁判所を立てずに私的な話し合いで交渉をし、歩み寄って返済の問題を解決している方がほとんどでしょう。特定調停については、弁護士の代わりに簡易裁判所に調停を申し立て、調停委員に交渉をしてもらいます。債務額のうち、利用残高に発生する利息部分のみを帳消しにしてもらうとか、過払い金がある場合は、払いすぎた利息を残高の返済に充てて、債務額を軽くするとか、返済期間を延長してもらい、毎月の支払額を少なくしてもらうなどの和解策で解決を図っている例があります。任意整理や特定調停の場合は、債務額を少なくしてもらっても、元金部分の返済は全額行うことが多いので、債務整理の中でも最も傷が浅いです。和解案を締結した日付や調停を終えた日付から5年記載されることになります。

同じブラックでも個人再生や自己破産をについては、ペナルティが大きいので、記載される期間も長くなります。また、官報等の公的な書類にも名前などが記載されます。一般の方は官報を読んでいることが少ないので、周囲の方にばれる確率は非常に低いです。個人再生の場合は、住宅ローン以外の借入やカードの債務額を大幅に減額してもらえますし、自己破産の場合は、全ての債務を帳消しにしてもらうことができます。記載される期間は裁判所で決定された日付から起算し、5年から10年となります。クレジットカードの申し込みであれば、カード会社が属している個人信用情報機関は5年で比較的短いです。しかし、銀行の借入やカードでトラブルを起こした場合は、銀行が加盟している機関では10年記載される場合があります。10年も待てない場合は、銀行以外のカードを選択するといいでしょう。また、一部の金融機関では個人情報の保護の観点から7年で情報を破棄している所もあると言われています。

ブラックの期間が終わった頃を見計らって、該当する情報機関に情報開示を依頼して確認してみてください。トラブルの情報が記載されていないだけでなく、今までのクレヒスも全て消去され真っ白な状態になっているでしょう。この状態をホワイトと言います。今まで借入や、クレジットカードを作成したり分割契約をしたりしたことのない方と同様の状態になっています。無事にブラック状態を抜け出した状態になります。

もし、期間が過ぎても事故情報が残されていたら、相手先の金融機関が忘れている可能性があります。速やかにコールセンターに連絡をし、消去依頼を行ってください。証拠となる書類のコピーが欲しいと言われたら、解決した日付が分かる書類のコピーを添付して郵送しましょう。ただし、金融機関側では、自己破産以外の債務整理をした方については、期日を守って毎月支払いをした方については消去に応じることがありますが、返済日の遅延や延滞をした方については応じない傾向があります。遅延や延滞をした場合は、全額支払い終えた日付から起算することになり、ブラック状態が長引くこともあるでしょう。支払いは決められた日を守って行わなくてはいけません。

晴れてホワイトの状態になったら、カードを申し込む準備に入りましょう。ただ、そのままの状態ですと、申し込みをしても債務整理をしたと怪しまれて、審査落ちをしている方も多いです。特に、30代以上の場合は、高齢者ホワイトと呼ばれ、疑惑を持たれることが多くなります。

カードを申し込む前の準備としては、まず良好なクレヒスを作ることです。悪い情報がなければ比較的申し込みやすいと言われている、少額な分割購入の契約をすることです。例えば、通販会社や家電量販店の物販ローンや、携帯電話やスマートフォンの分割購入等が挙げられます。分割購入をしたら、期日を守って支払いをするようにしましょう。銀行引き落としであれば、前日や前営業日までに口座にお金を入金させ、毎月の支払いを行います。決められた期間、きちんと支払いをしたマークが付いていれば、クレジットカードの申し込みをしても良い印象を与えることになります。くれぐれも遅延をしないように気をつけてください。分割購入の履歴は、決められた期間で支払うので、カード払いのように悪い履歴が自動消去されることがありません。5年間残りますので、注意してください。

ある程度良いクレヒスが築けたら、カードの申し込みをしましょう。以前迷惑をかけた金融機関のカードは絶対に選ばないようにしてください。会社によっては、10年以上社内情報として残すと言われています。消費者金融や信販会社の場合は、保証会社として審査に関わっている所もありますので、よく確認することを勧めます。カードの選択をするには、自分がよく使うサービス業者や店舗の中から選ぶといいでしょう。ショップサイトなどでは、会員ランク制を設けている所もあり、上位ランクの場合は審査時に優遇されることもあります。ゴールドカードのようにステータス性の高いカードの場合は、審査基準も高いことが予想されます。ある程度、一般カードでのクレヒスも必要なことが考えられますので、一般カードから申し込むようにしてください。お金に困っているのではと邪推されることのないよう、1度に複数の枚数を申し込むことなく、1枚のカードから始めて、1年後に他のカードの取得を考えるといいでしょう。