ブラックでも入会できると言われるアメリカンエキスプレスってどんなカード?

クレジットカードはさまざまな会社が発行しており、国際ブランドが搭載されています。国際ブランドにはVISAやJCB、マスターカード、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブなどがあり、この5社が5大国際ブランドとして認知度が高いです。最近では中国初のブランドであるUnionPayもシェアを伸ばしてきています。クレジットカードを発行している会社はイシュアーと呼ばれます。イシュアーはカードを発行するために加入してくれる人を募集しています。国際ブランドは自社の加盟店を増やして利用できるショップを増やすための営業活動を行っており、そうした業務を行う会社のことをアクワイアラと呼びます。

多くのクレジットカードはイシュアーとアクワイアラは別々です。しかしアメリカンエキスプレスは国際ブランド自体がカードを発行する「プロパーカード」の発行もしている珍しい会社なのです。日本発のブランドであるJCBも、同じように自社でカード発行を行っている珍しい会社でもあります。提携タイプのクレジットカードは同じ国際ブランドが搭載されているものでも、カードによってそのサービス内容が大きくことなります。カード発行会社の特典を受けることもできるけれど、国際ブランド加盟店でもショッピングができるもの、と思っておけばよいでしょう。

もし普通にクレジットカードの契約ができる人であれば、普段よく利用するお店が発行しているカードが便利で得をするものとなります。しかしプロパーカードにはプロパーカードのメリットがあり、中には絶対的な信用力の象徴となるようなものもあります。

プロパーカードは審査が厳しいと言われており、アメリカンエキスプレスやダイナースカードは持っているだけでステータスの高いカードとして人気を集めています。しかし最近では審査基準が引き下がり、実際にはそこまでハードルの高いクレジットカードではなくなってきています。ある程度の収入と年齢があれば入会できるカードなのです。また、国内の多くのクレジットカード会社とは違い、独自の審査基準で審査を行っています。最近ではブラックでも入会できるカードとして認知度を上げてきています。ただしブラックでも誰でも入会できるわけではなく、そのときの収入状況や滞納中の場合は落ちる可能性が高くなるでしょう。独自の審査をしているからと言って、決して甘くはないのです。リスクがあると判断されれば落ちてしまうことでしょう。ただアメリカンエキスプレスの場合は、過去の情報である「信用情報」に重点を置いた審査を行うのではなく、現状がどのようになっているかを重要視する傾向があります。そのあたりは日本の会社と異なり、現実的な目線で審査を行っている会社だと言えるでしょう。

さて、さまざまな金融商品の審査に落ちてしまう「ブラック」という状態には、さまざまなものがあります。その状況次第では審査に通る可能性もありますし、落ちてしまうこともあります。実際には「ブラックリスト」というようなものはありません。これは信用情報に、長期延滞、強制解約、債務整理などの事故情報が掲載された状態のことを指します。債務整理にも、裁判所を通さずに司法書士や弁護士を交えて当事者同士で行う「任意整理」や、裁判所に間に入って話し合いをする特定調停、借金の一部を減額した上で残りの完済を目指す個人再生、完全に借金をゼロにした状態からやり直すことができる「自己破産」があります。

個人再生や自己破産は借金の残高自体が減少する可能性が高い手続きで、任意整理や特定調停では金利負担をなくした上で残りの借金を返済していくのが一般的です。その時の債務者の収入状況によって、どの手続きが適切化は異なってきます。収入が全くないような状態では任意整理や特定調停、個人再生は難しいかもしれません。また、借金がある状態では生活保護を受給することもできませんので、生活を立て直すためにも早めに債務整理の手続きを取ったほうが良い場合もあります。もしブラックでもカードを持ちたい理由が、新しく契約したカードで生活を立て直そうとするのであれば、それはあまり良い手段ではないかもしれません。カードを持つということは少なからず消費をすることを意味しています。ましてや年会費のかかるカードは余計な出費が膨らんでしまうことでしょう。

このような様々な金融商品の取引情報が記録される信用情報機関は日本に3つあります。消費者金融などが加盟しているJICC、信販会社などが加盟しているCIC、銀行が加盟している全国銀行個人信用情報センターです。いずれかにこうした事故情報が記録されてしまったら「ブラック」になったものだと判断して良いでしょう。最近では複数の信用情報機関に加盟している会社も多くあります。短期的な滞納では事故扱いされることはありませんが、一定期間連続して滞納が続いた場合は問題視する会社もあります。「長期滞納」については、どの程度の延滞から長期滞納扱いにするかはカード会社の判断によってことなります。1か月程度で事故とする会社もありますし、3か月待ってくれる会社もあります。長期滞納扱いになると債権が別の部署に異動してしまい、持っているカードの利用ができなくなってしまうのが一般的な対応です。

一度情報が掲載されてしまうと、CICやJICCでは5年、全国銀行個人信用情報センターでは10年経たないと事故情報が時効で消えることはありません。事故情報が掲載されている間は、クレジットカードやカードローン、割賦での商品の購入は非常に難しくなります。ただし最終的に契約するかどうかはカード会社の判断によります。アメリカンエクスプレスのクレジットカードでも、提携カードタイプではブラックの状態では契約できる可能性は低くなります。どうしても契約をしたいのであればプロパーカードの申し込みをするとよいでしょう。

また、プロパーカードでも絶対に落ちてしまうのが、現在進行形の滞納があるケースです。ただし光熱費や家賃などのように、滞納しても信用情報に記録されることがないものであれば影響はありません。同様に税金や保険料などの延滞も信用情報に記録されることはありません。この場合影響があるのが、クレジットカードやカードローンの滞納、割賦払いになっている携帯本体の料金、通販の分割払いなど、「信用」をもとに利用した料金の滞納です。特にうっかりわすれがちなのが携帯料金です。通話代金だけであれば問題ありませんが、携帯本体を分割して購入している人は信用情報に記録が残ることになりますので注意が必要です。この注意については、携帯を分割で購入するときに説明は必ず受けているはずです。携帯料金の分割は一般的には24回払いとなります。信用情報には毎月の支払状況も掲載されることになりますが、保存期間は24回分の取引のみとなっています。つまり1回でも滞納をしてしまうと、その情報は最長で5年間残ることになるのです。小さな延滞でもたくさんあれば、カード会社の審査に影響を与えることがあります。

光熱費や家賃をクレジットカード払いになっている人も注意しておきましょう。カードの場合は毎月利用があれば24か月後にはデータが押し出されますので、滞納履歴があっても解約せずに使い続けていた場合は2年間で情報が押し出されます。また、債務整理を行った結果、借金の残高が減額された人も落ちる可能性が高くなります。債務が圧縮されれば滞納という扱いではありませんが、カード会社側は、その申込者と取引をして大きな損失を出したということがわかります。わざわざ損失を出すリスクがある人と取引をしないことは当然の判断でしょう。債務整理を行うことで、今までの借金生活からは解放されるかもしれません。しかしその結果、その後の生活にも少なからず影響があることを忘れてはなりません。どのような手続きを取るかは、しっかり専門家と相談し、最適な方法を取るようにしましょう。

以上のことから、ブラックでも審査に通ることがあるのは、延滞をしていない状態かつ、借金の残高が圧縮されるような債務整理を行っていないことです。一時的に収入が激減してしまって長期延滞をしたけれど、その後仕事が順調に戻って返済を続けることができた人は、カードを再び持つことができるかもしれません。任意整理や特定調停をしたとしても、その後約束通りに返済を続けることができていればある程度は信用ができる人物だと判断されることがあります。ただし、現在の債務残高がまだかなり残っている場合は、支払い能力を見て契約見送りになることもあります。任意整理や特定調停では、話し合いをする会社を選択することができるため、好きなカードは残すことができます。しかし更新のタイミングで信用情報を確認されると、更新拒否で解約となることもあります。新規でカードを持とうとすることで、すでに持っているカード会社の心証を悪くすることもありますので、注意しましょう。

そしてクレジットカードの申込書には年収を書く欄がありますが、できるだけ正確な数字を書くようにしましょう。アメリカンエキスプレスのプロパーカードにはキャッシング機能がありませんので、利用はショッピングだけになります。提携カードの場合はキャッシング機能がありますが、銀行以外が発行しているクレジットカードは、すべて貸金業法の総量規制の対象です。年収の3分の1以上の借り入れをすることができません。もしプロパーカード以外に申し込む場合でも、キャッシングを希望するとそれだけ審査にも慎重になるということを覚えておきましょう。入会できる可能性を上げたいのであれば、ショッピング枠の希望額も少額にしておくと良いでしょう。

このような独自の審査をしているアメリカンエキスプレスとは、どのようなカードなのでしょうか。他のカードと違う点は何があるのでしょうか。まず一般会員用の緑色のカードでも、年会費が12000円かかります。ゴールドカードとなれば29000円の年会費がかかりますので、クレジットカードのヘビーユーザーでないと年会費が勿体ないかもしれません。ゴールドカードの平均的な年会費でも見ても、他社が発行しているカードのほうが安いものが多くあります。

しかし高い年会費がかかるだけあり、さまざまな特典やサービスが用意されています。特に海外旅行で利用するとかなり好待遇のサービスがあります。ショッピング保険はもちろんのこと、旅行傷害保険が付帯され、空港から手荷物を無料で宅配できるサービスやラウンジの利用などができます。さらには飛行機が遅延して宿泊をしなくてはならなくなってしまった場合、その補填を受けることもできます。アメリカンエキスプレスの専用カードデスクもあり、何かあった場合でも手厚いサポートを受けることができるでしょう。海外旅行では何かとトラブルに巻き込まれてしまうことが多い分、このサービスが大活躍することでしょう。

またレストランなどへの招待を受けることもできます。絶対的なステータスを持っているクレジットカードではありますが、実はデメリットも存在しています。例えば、利用できるショップがVISAやマスターカードと比較すると少ない点です。特にインターネットのネットショッピングには弱く、対応していないところも多くあります。これはアメリカンエキスプレスのカード番号がVISAやマスターカードと桁数が違っているためでもあります。普通に生活をしているぶんには利便性は高くなく、むしろVISAやJCB、マスターカードのほうが利便性は高いでしょう。特に年会費無料で持てるカードはたくさんあります。

クレジットカードを持つ理由はさまざまです。ただ、ブラックになってしまった過去があるのであれば、年会費を払うという無理をしてまでカードは持たないほうが良いかもしれません。確かにクレジットカードはキャッシュレスで買い物もでき、後払いなので急な買い物にも対応ができますし、負担を減らすリボ払いにすることもできます。一度失敗をしてしまった人は、もう二度と失敗をしないように十分注意してカードを利用しましょう。特に債務整理を行った人は、なんども債務整理はできるものではない点に注意が必要です。もしまた失敗してしまっても、同じ手続きをすることはできないかもしれないのです。浪費癖がある人は、まずクレジットカードを持つ手段を探すのではなく、その消費スタイルを改善して持続可能なものにしていく努力をしたほうが良いでしょう。