ブラックでも入会できる可能性があるアメリカンエキスプレス

クレジットカードは、債務事故を起こしていても、新たに契約できる可能性があります。事故の内容が滞納で、契約解除になる前に正常化してから年数が経っていたり、任意整理や特定調停などを手段として、すでに完済しているケースなどです。そういう人ならすべて受け入れられているとは言えません。現在の状況があまりにネガティブであれば、契約に至らない場合も多いでしょう。しかし「一度でも問題を起こすともう二度とカードが作れない」と言われた一昔前に比べ、随分と寛容になってきているのは確かです。

先の総量規制の法律の施行や上限金利に引き下げなどに関連し、多くの利用者が債務問題を抱えるに至りました。金融業者の中でも貸金業者の審査内容は、かなり強化された印象です。ネガティブな要素を持っている申込者は、ますます契約しにくくなりました。しかし過去に問題がある中でも、任意整理や特定調停などのように「完済することを前提にした方法で債務問題を解決した人」と、自己破産や個人再生のように債務の責任をまったく果たさない方法や大幅に圧縮する方法で解決した人とは、ある程度区別する傾向が、近頃では顕著にみられます。要するに曲がりなりにも返済した人とは、しばらく様子を見て、状況が良好であれば契約する可能性も残しているわけです。どのように解決したかが、ブラックでも契約できるか否かに大きく関係しています。

債務問題を起こすと二度とローン契約やクレジット系やできないかもしれないという恐れから、債務問題の解決が遅れるケースも多々あります。しかしこのように「債務整理をしても解決方法によって対応がかなり違う」というのであれば、できるだけ早めに解決に向けて動くのが大切になります。傷口が小さく、任意整理や特定調停で解決できる時点で着手するのが一番大切です。

任意整理や特定調停で取り決めた期間内に完済し、そこから5年程度経過して、いわゆる「喪が明けた」あたりで申し込んでみるのが妥当です。しかし完済後すぐに申し込んで、クレジットカードに入会できた事例も多々あります。審査方針や基準は公表されていません。そのため「絶対審査が通る属性」や「タイミング」などはわかりません。巷にある経験談や口コミなどで判断するしかありません。会社ごとに対応もかなり違います。

会社ごとに違うといっても、ほとんどの会社が「自己破産」と「個人再生」の経験については、同じような対応が結果として出ています。何かの拍子に審査に通るということは皆無ではありませんが、大概が否決されています。申し込んでもまず否決されると考えたほうが賢明です。しかしアメリカンエキスプレスに関しては、可決された話がごく稀に出てきています。明らかに「何かの間違いで可決された」というものではなく、しっかりと「審査に通った結果」として可決されています。そのためアメリカンエキスプレスは、数あるクレジットカード会社でも、特に「ブラックでも寛容」と言われるようになりました。

先に審査基準は会社ごとに違い、それらは公表されていないと書きました。ですからアメリカンエキスプレスのクレジットカードの審査が過去の自己破産や個人再生について寛容であっても決しておかしな話ではありません。こういった経緯がある申し込みを受け付けてはならないという法律はありません。あくまでも「会社ごとの対応」です。
アメリカンエキスプレスは、「現在の状況」に重きを置いた審査を行う傾向が見られます。これはもともと海外、特にアメリカに見られる傾向です。アメリカは資本主義が至上であり、一度失敗しても大きく再起する人を目にするのは日常茶飯事です。現アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏も過去に4度も破産申請を行っています。それでも現在は、盛り返しています。破産も経営戦略の一つと考えられているのかもしれませんが、日本では考えられない扱いです。「物事を判断するときに過去に重きを置く傾向」は、アメリカにはあまり見られません。特に経済的な信用情報に関して、色濃く出ています。このようなことから過去にネガティブな情報を持つ申込者が入会できる可能性が高いカード会社となっていると考えられます。

ただしこのカードは、現在の状況についての審査基準が少々高めと言われています。過去や現在に全く問題がない人でも、審査落ちすることが多いのがこのカードです。審査基準の中でも収入や職業といったステータスの合否ラインが高めに設定されているのではないかと言われています。過去に問題があるような人は問題がない人の合否ラインよりもさらに慎重な審査がなされるのは当たり前です。債務問題を抱える以前の状況がアメリカンエキスプレスの審査に通りような状況であり、現在はその時点よりもはるかに高いステータスであると、可能性としてはかなり大きくなります。要するに、経済的にはカードの分割やリボ払いのサービスなどは必要ないが、キャッシュレスの恩恵は受けたいといった利用者が望ましいわけです。しっかりとした経済的基盤が、特に望まれるカードです。そういう利用者であれば、過去に何があっても入会できる希望が持てるカードといえるでしょう。

いくらブラックでも入会できるかもしれないアメリカンエキスプレスでも、現時点で問題があるとほぼ審査は落ちるとみて間違いありません。例えば今まさに延滞中であると、入会は難しくなります。とにかく滞納中などの債務問題を抱えているのであれば、早急に何らかの解決に向けたアクションを起こすべきです。

過去に問題があっても入会できるカードは徐々に増えている傾向にあります。現在でも「任意整理」と「特定調停」には寛容な傾向が出てきていますので、その方法が選択できるうちに、問題解決に向けたアクションを起こすのが得策です。問題を抱えて時間が経つと、それだけ状況は悪化します。悪化すると、選択できる手段が限られてきます。任意整理や特定調停では追いつかないということにもなりかねません。できればこの二つの方法が選択できるうちに着手するのが望ましく、自己破産や個人再生は、ほかに方法が見いだせない最終手段と考えましょう。任意整理や特定調停であれば、かなりのカード会社が対応を軟化させています。自己破産や個人再生でも入会のできる可能性があるアメリカンエキスプレスカードであっても、決して審査が甘くはないもので、かえって現状には厳しめの審査ラインで判断しているのです。

このように、債務問題を抱えたときには、解決後にどのような生活が待っているのかをしっかりと把握する必要があります。方法によってそれぞれどういったメリットがあり、デメリットがあるのかを知っていなければなりません。

致し方なく自己破産や個人再生によって債務問題を解決して人は、その後クレジットカードを作ることが全くできないのでしょうか。現在はかなり困難です。しかし総量規制に法律や貸金業者の上限金利の引き下げの影響で、一時的に破産者や個人再生を行った人は増えてしまいました。半面、世の中はますます「クレジットカードありき」で進んでいます。カードを持たないと加入できないサービスなども増えています。カード決済が必須条件であったりするわけです。カードが作れないことがイコール生活に支障をきたすようになってきています。

成り替わるものとしてでデビットカードがあり、それによってキャッシュレスの恩恵は得ることができますし、海外でもそん色なく使うことが可能です。しかし継続して支払わなければならない月会費といった契約の場合、デビット決済が不可のものも出てきています。そのこと受け、デビットよりもさらにカードの使い勝手に近い、プリペイド式のクレジットカードが出現しました。保証金をはじめに納め、その金額を上限に利用できます。デビットで契約できないものでもプリペイド式であれば受け付けられることも多く、利用しやすくなっています。分割やリボ払いはできませんが、一回払いであれば使い勝手は広くなっています。デビットは決められた銀行に口座を開設しなければなりませんが、プリペイド式にはそれがありません。

これらを使い続けることで信用が積み重なることがないのかというと、「絶対にない」とは言えません。取引が長くなればそれだけ信用はついてきますし、口座の状況が常に良好であれば、何らかの信用が積まれている可能性があります。クレジットカードを新たに作るときのポジティブ要素と判断される日が来ないとは言えません。

一度破産や個人再生をしてしまうと、5年後にはクレジットヒストリーがスーパーホワイトになります。5年たてば信用情報機関からはネガティブな情報も消えてしまうのです。これがかえって金融機関に警戒心を抱かせることになります。今の世の中で、ある程度の年齢に達するまで全くローンを組まなかったりする人は皆無ではありませんが、かなり少数派です。スーパーホワイトは、「過去に問題があるからスーパーホワイトになったのだ」と判断されてしまいがちです。スーパーホワイトを脱することができれば、契約できる要素が生まれます。

債務問題を自己破産によって解決した場合、一番契約が難しくなるのがクレジットカードです。中小の消費者金融との契約や担保付き融資に関しては、積極的に受け入れている貸金業者はあります。極端な話、免責決定が下りた次の日から貸し付けている業者はあります。もちろん大手は難しく、中小の業者の中にそれらがある傾向はみられます。しかしそれでもしっかり支払いを行い、完済していれば、まぎれもない優良なクレジットヒストリーです。それを見て契約を判断する他社が表れないとは言えません。

携帯電話の割賦もクレジットヒストリーとなります。ポジティブ情報に直結するとは考えにくくても、滞納がネガティブ情報にはなります。注意しましょう。

また、銀行発行のクレジットカードも狙い目です。給与振り込みや様々な引き落としを行っている口座がある銀行は、それらの情報から、その人の経済状況を判断することができます。どの金融業者よりも、現状を把握しています。堅実な生活を営んでいることもわかる立場です。銀行系のクレジットカードというと、ほとんどが大手の貸金業者が保証会社になっています。これだと過去に問題を抱えている申込者は可決は困難極まりない。しかし銀行のクレジットカードにはその銀行の子会社の保証会社が付くこともあります。これはかなり優良な顧客に限りますが、現在を判断してもらう面において、かなり有益です。自分から申し込むとほとんどこの保証会社が付くことはなく、銀行からのインビテーションを待つことになります。とはいえ、この方法でカードを手に入れた人は実際にいます。さらに定期預金などをしていると、それもポジティブな要素と判断されがちです。

なににしても一度失った信用を取り戻すのは、並大抵のことではありません。失うまでの期間の何倍も必要になります。コツコツと信用を積み重ねることで、今はダメでも後々それがよい判断材料になることも期待できます。担保として機能するようなものを購入するのもポジティブ要素になります。家や土地を貯金によって購入し、それを担保にお金を借りて完済すると、それもクレジットヒストリーの一つになります。郵便局の定期預金をコツコツ続けていることで、郵便局が窓口となっている銀行のローンやカードが契約できた話も、稀少ではありますが見られます。

現在はアメリカンエキスプレスが一番可能性があると言われていますが、この先ほかのカード会社が対応を軟化させることは考えられないことではありません。信用の再構築は大変難しく時間がかかります。「軟化した」と気が付いてから着手すると、さらに入手は遠くなります。今の時点から考慮して、信用を積み重ねる努力を惜しまないのがおすすめです。また、審査基準や経営方針が公表されないのですから、把握するには口コミや体験談から推し量るしかありません。それらをこまめにチェックして、傾向を掌握しておきましょう。焦って申し込みを行うと否決され、それが信用情報に掲載されていることで、他の判断にも悪影響を及ぼすことになりかねません。申し込みはできるだけ確実なところでアクションを起こしましょう。